インドネシア人の富裕層はケタ違い!新興国のお金持ちとは?




どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、『インドネシアの富裕層』について紹介します。

 

まず、インドネシアの富裕層について知る前に、インドネシアの物価や給与事情について知っていなくてはいけません。

まず、こちらの記事をご覧になってください!

インドネシアの物価はまったく安くない!日本人が勘違いしている物価情報。

インドネシアの物価はまったく安くない!日本人が勘違いしている物価情報。

2018.03.29

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

インドネシアの富裕層

まず最初に、富裕層の定義はかなり曖昧ですが、だいたいのボーダーとして1億円以上の資産を持っている人が富裕層と呼ばれます。

貯金1億円ではないので注意してくださいね!

 

2017年の情報では、インドネシア人富裕層は、約11万人存在すると発表されています。意外に多いように思えますが、インドネシア人の総人口は2億6千万人です。

ちなみに、日本の富裕層は114万世帯。

 

日本と数倍物価の違うインドネシアでの富裕層は桁違いにお金持ちということです。

富裕層の職業

富裕層の職業は、みなさんが知っている、想像している職業と大差はありません。

起業家や投資家、政府関係、医者(プロ)、有名人などなど、多種多様な職業があります。

 

日本や世界でも同じですが、お金を一気に増やす、稼ぐ方法は大きく分けて3つあります。

1 ビジネス

2 株式投資

3 不動産投資

 

インドネシア人は、特にビジネスに対する考え方が柔軟で、気軽にスモールビジネスを始めます。ここは、日本人が見習わなければいけないところだと僕は思います。

日本人は、知識ばかり勉強し(インプット)、行動(アウトプット)に進めていません。しかし、インドネシアの方々は、めちゃ行動します。

 

会社員をしながら、自分のビジネスを持っている人が普通にいます。

しかも、そこそこ稼いでいる人が多いのだとか。

 

お金を稼ぐことに貪欲なのかも知れませんね。

富裕層のトレンド

富裕層のトレンドと書きましたが、個人差が大きいので一概に言えませんが、インドネシア人富裕層の間では、健康や食のブームの真っ最中です。

 

高価なロードバイクを楽しんだり、自宅にプールを作ってスイミングを楽しんだり、野菜などにこだわりを持ったり。様々です。

 

日本ほど物や施設が充実していないインドネシアの今後が非常に楽しみです。

さいごに

いかがでしたか?

今回は、『インドネシアの富裕層』について紹介しました。

 

インドネシア人の富裕層は確実に年々増えていっています。中間層もです。

個人的に、今後のインドネシアのビジネスが超楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

共有

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

大学で4年間インドネシアについて専攻・研究 / 月間5万PV / 100人規模のインドネシア人と日本人を繋げるイベントを2年以上運営 / アメリカ留学→インドネシア留学→フィリピン留学 / インドネシア人と婚約し、インドネシアに永住