インドネシアの最適な服装を紹介!ビジネスでも通用する服装とは?




どうも、シン(@Jonsop1995)です。皆さんはゴールデンウィークいかがお過ごしですか??

僕は毎日カフェにいるか、家でNetflixを観ています。悲しい。。(笑)

 

それでは、今回の記事についてです。今回は『インドネシアの最適な服装』について紹介していきます。

 

突然なのですが、質問です。皆さんは、インドネシアでどのような服装が相応しいか分かりますか?

インドネシアは赤道直下のため暑い国として知られていますが、インドネシア国内には寒い地域があったり、長袖・長ズボンを使う時間帯、時期などもあります。「インドネシアの雨季・乾季とは?インドネシア生活を快適にする気候情報」こちらで詳しく紹介しています。

 

今回は、一般的なインドネシアの最適な服装について紹介していきまう。

それでは、早速見ていきましょう!

 

インドネシアの気候

まず、インドネシアの気候について紹介します。

まず、インドネシアの雨季・乾季を知る前に基本的な気候について紹介します。

インドネシアは赤道直下の国のため、日本やアメリカのような四季がありません。基本的に、赤道直下の国であるインドネシアを含む東南アジア(マレーシア・ベトナム・タイ・シンガポールなど)は、赤道付近に位置するため、日本のような大きく別れる四季はありません。

これから紹介しますが、赤道付近の国には、大きく分けて雨季・乾季が存在します。そのため、一年通して比較的暖かな気温で住むことができます。インドネシアの場合、暑すぎるんですけどねww

▶︎インドネシアの雨季・乾季とは?インドネシア生活を快適にする気候情報

このようにインドネシアには四季がなく、一年を通して暖かい国ですが、雨季・乾季と呼ばれるシーズンはあるため、知っておきましょう。

次に、雨季・乾季について紹介していきます。

雨季

まず雨季です。

インドネシアの雨季はだいたい11月から3月までの約5ヶ月なのですが、本当に毎日雨が降るため注意が必要です。普通の雨ならばまだマシのですが、スコールと呼ばれる突発的な大雨が非常に厄介となっています。

快晴だったはずが、ほんの5分とかで一気に降ってくるため、傘忘れたーーー!!なんてこともしばしば。。結果的に、ずぶ濡れです。(笑)

乾季

乾季の時期は、だいたい4月から10月となっています。このシーズンが最も過ごしやすく、バリ島などに観光客が増える時期となっています。

乾季では、逆にまったく雨が降りません。1週間ずっと快晴なんてこともしばしば!

インドネシアの気温

赤道直下の国の気温ですが、イメージすることできますか?僕も意外だったのですが、正直日本の夏の方が暑いんですよ!

インドネシアの場合、場所によっても異なるのですが、平均最高気温は30℃前後、平均最低気温は25℃前後となっています。

「あれっ、日本の気温の方が低いんじゃない?」と思ったあなた!正解です!

なぜなら、体感温度がまったく違うからです。

日本の夏はジメジメしており、非常に湿度が高いんですよ。その反対に、インドネシア の乾季は湿度が非常に低く、カラッとしています。

そのため、インドネシアは日本の夏よりも過ごしやすく、快適だと言えます。

▶︎インドネシアの雨季・乾季とは?インドネシア生活を快適にする気候情報

インドネシアの平均最高気温は30℃前後、平均最低気温は25℃となっています。日本の夏をイメージされたら分かりやすいかと思います。

上でも紹介していますが、インドネシアと日本の夏では湿度がまったく異なります。そのため、インドネシアの方が日本よりも快適、涼しいといった表現がされるのです。

インドネシアでの服装

基本的なインドネシアの気候、気温を知っていただけたかと思います。それでは、本題であるインドネシアの最適な服装について紹介していきます。

ビジネス

インドネシアで会社勤めの方(現地採用駐在員)は、基本的にスーツを着用されるでしょう。現地スタッフ(インドネシア人)も同様です。しかし、赤道直下の国という事もあり、クールビズが基本となっています。いわゆるノーネクタイ、ノージャケット、半袖シャツですね。

 

日本の夏でもそうですが、ジャケット×ネクタイは本当にしんどいですよね。(笑)ただ、インドネシアも同様に、日系企業を訪問する際や重鎮とお会いする時にはフォーマルな格好(×クールビズ)が求められます。これからインドネシアに駐在する方、出張予定者は念のため1着は持っていきましょう。

これらのシャツは、ポリエステル80%、綿20%ですが、ベストなものはポリエステル・ナイロン100%のシャツです。暑さ対策もありますが、インドネシアは高温湿度のためすぐにカビ付いてしまいます。




【当店を初めてご利用のお客様限定価格!19,800円!

スーツも同様です。インドネシアの場合、高額なスーツがすぐに傷んでしまいます。【オーダースーツ佐田】さんであれば、わずか19800円でオーダースーツを作ることができます。インドネシア駐在にいかがですか?

ちなみに、僕の知人でクローゼットに入れたままのスーツがわずか1〜3ヶ月でカビカビになってしまった人います。それほど、インドネシアの湿度は強敵なのです。

バティック

インドネシアでは、バティックと呼ばれる伝統衣装がビジネスフォーマルとされています。さらに、毎週金曜日はバティック着用を推奨されているため、日本人でも多くの方が使用しています。

バティックは通販で買えるリーズナブルなものから数万円するものまで様々です。ジャカルタであれば、バティック専門店もあるので、インドネシアに赴任した後、用意しましょう。

リゾート地(バリ島やロンボク島など)

次に、リゾート地の服装です。僕は、バリ島に1年間住んでいた経験がありますが、基本的に半袖・半ズボン・サンダルで大丈夫です。ちなみに、靴を履いている人をあまり見かけませんでした。(観光客ぐらい)

ただ、ショッピングモールや映画館、スーパーマーケットなどは冷房が効きすぎている(18℃とか)ため、非常に寒いですね。現地の大学に留学予定の方も気をつけて下さい。大学内も寒い可能性がかなり高いです。

他には、飛行機、カフェ、スパなど。

 

なぜインドネシア人がガンガンの冷房を好むのかは分かりません。例えば、オーストラリア人や欧米人は体が大きく、暑がりであることは推測できます、しかし、インドネシア人の体系は日本人とほとんど変わりません。(日本人よりも痩せている)

これについても調べていきますので、また今度記事にします。(笑)

 

「夏服 シャツ メンズ」の画像検索結果
30代メンズに送る!2018夏のオシャレになれる着こなし術

ちなみに、インドネシアでは、このような格好の駐在員、現地採用が非常に多いです。参考になさってください。

寺院

インドネシアの有名な観光地として、バリ島やジョグジャカルタがあります。そして、京都のように有名なお寺、寺院がたくさんあります。

 

日本人にとっては観光地でも、彼らインドネシア人は宗教を大切にしているため、今でも神聖な場所として信仰しています。そのため、半袖・半ズボン・サンダルでは入ることができない寺院もあります。そのような場所では、サロンと呼ばれる腰巻のようなものが販売、レンタルすることができます。

この腰巻のようなものを使い、寺院内を観光することができます。もちろん有料です。

高級レストラン・高級クラブ

次に、高級なレストラン、クラブです。日本でもドレスコードというものがありますが、インドネシアでも同じです。実際に、バリ島のスミニャックエリアにはドレスコード必須のクラブもあります。

そのような場所に行く際は、事前に情報収集していきましょう。バリ島の一般的なクラブ、バーであれば、ドレスコードは必要ありません。

バイクに乗るとき

恐らく、駐在員、現地採用の方は会社からバイクに乗ることを禁止されている方も多いでしょう。留学組は関係ありませんが。(笑)

バイクに乗る時ですが、インドネシアは日差しが強く直ぐに日焼けしてしまうため、長袖・長ズボンを着用されることをお勧めします。現に、多くのインドネシア人もバイクに乗る時は長袖×サロン(長ズボン含む)を着用しています。

 

バリ島在住当初の僕は長ズボンや長袖は暑いだけと思い、一切着用していませんでした。しかし、ほんの数時間で気付くんですよ。日焼けがやばいって。(笑)

実際に、手首や首元、腕が真っ赤っかになってしまい、本当に後悔しました。ただ、わざと日焼けさせるためにサンオイルを塗ってバイクを運転していた時期もありましたが、日差しが強すぎて上手く焼くことができません。(笑)

気をつけて下さいね!

インドネシア出張

次にインドネシア出張です。インドネシアには、多くの日系企業があるためビジネストリップも多いでしょい。そんな時に、インドネシアの気候、気温を知らずに綿製のスーツ、シャツで行ってしまっては出張がしんどいだけです。

海外出張が多い方は東南アジアに合わせた服装を準備できますが、めったに出張しない方には難しいと思います。しかし、念のため1着は熱帯地域の出張に備えたスーツを準備しておきましょう。

 

もちろん現地でもスーツ、シャツを購入することができますが、サイズがまったく合いません。その結果、だらしないシルエットになってしまいます。僕がそうでした。(笑)

日本からスーツを持って行ったのですが、通年用のスーツで暑すぎるため、現地で購入しました。しかし、僕の肩幅、太もも周りに合ったスーツがなかなかなく、恥ずかしい思いをしました。(笑)

寒さ対策

先ほどもインドネシアの多くの施設では、冷房が効きすぎているという話をしましたが、具体的な対策法について紹介します。

僕自身も経験したのですが、上半身であれば羽織るものを持参すれば大丈夫です。しかし、下半身、サンダルは対策の仕様がありません。そのため、長時間寒い施設に行く際は、靴×長ズボンで出掛けるのが得策かと思います。

幸いなことに、インドネシアの屋外施設はあまりないため、基本的に屋内で過ごすことが多いです。多少の暑さは我慢しましょう。

 

ただ、ジャカルタでゴルフに行く際は、気をつけてくださいね!

インドネシア生活

インドネシア生活について」こちらの記事でも紹介していますが、インドネシアの生活は非常にストレスが溜まります。そのため、現地に駐在する日本人同士での交流が大切になってきます。例えば、同じ趣味を持つ友人を見つけるなど。

 

ジャカルタには、同じ趣味を持つ者同士の集まりがあり、積極的にそちらに参加なさってください。他には、1990年会のような、年齢が同じ者同士で集まる会も行われています。知らないだけで同い年の駐在員がたくさんいることに驚かれると思いますよ!

参加するためには、ウェブサイトで検索したり、日本食スーパー『パパイヤ』に置いてある無料のマガジンにも掲載されています。是非どうぞ!

ちなみに、スナヤンのパパイヤには、17時〜19時頃に日本人でゴッタ返します。そちらでも出会いがあるかもしれませんよ!

 

インドネシア就職

【新卒海外就職】インドネシアの現地採用事情を徹底解説!」こちらの記事でも紹介していますが、インドネシアで就職したい場合、現地採用という方法が非常に簡単です。簡単とは語弊がありますが、5年以上の業務経験+英語orインドネシア語+数年はインドネシアで働く意思がある方は、意外に内定をいただけるでしょう。

そして、内定をいただけたとしてもインドネシアで働く1番のネックはビザなのです。中国でも外資を追い出す動きがありますが、インドネシア政府も同じで外資を排除しようとしています。なるべくインドネシア人に職を与えたいわけです。そのため、1人の駐在員に対し、10人のローカルスタッフを雇わなければいけない法律もあります。

 

不安な方は、現地の人材紹介会社に連絡して見てください。

まとめ

いかがでしたか?

インドネシアの最適な服装』について紹介しました。

 

インドネシアは大変暑く、湿度が高い国で、ビジネスマンにはなかなか厳しい環境だと思います。しかし、それ以上にインドネシアは面白い国であり、楽しめること間違いなし!

もちろん、嫌々インドネシアに駐在している人もいるでしょう。愚痴を言ってもインドネシアから帰国できるわけではありません。そんな方は、「どうすれば楽しめるのか?」について考えましょう。

僕のブログでは、そちらについても紹介していきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

共有



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

インドネシア・インドネシア語を大学で4年間学び、1年間以上現地に滞在。 インドネシアだけでなく、アメリカ、フィリピンにも留学。現在はTOEIC900点を目指し勉強中。 2018年7月からフィリピン駐在。