インドネシアでどのくらい英語が通じるのか在住者が徹底解説!

「じゃらん旅のスポンサー」




どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、『インドネシアで英語は通じるのか?』について紹介していきます。

 

この記事を読んでくださっている方の多くはインドネシアで就職、観光を考えておられる方ではないでしょうか?

 

観光といえば、インドネシアを代表する観光地『バリ島』が有名です。

多くの日本人が観光していると思いますが、バリ島はインドネシアの中でも特殊で、バリ島ベースでインドネシアを見ると思わぬギャップが生じます。

 

「バリ島では英語が通じたのに。。。」「バリ島の雰囲気とジャカルタはまったく違った!」など、現地に行ってからショックを受けないためにも、是非この記事を読んで行ってください!

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

インドネシアの公用語

まず、インドネシアでは英語が通じる場面が非常に多いのですが、彼らの母国語はあくまでインドネシア語です。

そのため、細かなニュアンス、気持ちを伝えるのは難易度が高いと思ってください。

 

インドネシアに旅行する際は、挨拶程度のインドネシア語はしっかり覚えていきましょう!

なぜなら、インドネシア語は世界的に見ても珍しい言語で、ローカルはインドネシア語を外国人ができるとはみじんも考えていないからです。

 

そのため、「ありがとう」というインドネシア語を言うだけで、かなり喜んでくれるパターンが多いです。

インドネシアで英語は通じる?

結論から言って、インドネシアでは英語が通じます。

 

インドネシア人は母国語を2つ持っているケースが多く、言語が堪能な方ばかりです。

2つとは、「インドネシア語」と「地方語(ジャワ語など)」です。

 

そのため、外国語を比較的早く吸収できるようです。

彼らは中学、高校、大学で英語を学び、読み書きだけでなく、話すことにも長けているのです。

 

日本人とは大違いですね。

 

ちなみに、僕のインドネシア人の恋人は医者なのですが、英語が堪能で、ドイツ語、簡単な日本語、インドネシア語、ジャワ語の5言語できます。

専門は医学なのですが、言語にも長けている良い例ですね。

インドネシア人の英語力

次にインドネシア人の英語力についてです。

上でも少し紹介しましたが、インドネシア人は英語が堪能で、特にスピーキングが得意な人が多いです。

 

しかし、英語のネイティブスピーカーから教わっているわけではないので、かなり訛りもあります。

そちらを紹介します。

インドネシア人の訛り

まず僕が衝撃だったのは、『 V(ヴィー)』です。

なんと、インドネシア人は、『 V(フィー)と発音するのです。

 

B(ビー)と V(ヴィー)の違いは明らかで、V(ヴィー)は唇に歯を当てて振動音を出す感じです。

Fに振動を加えたものだとイメージして下さい。

 

例えば『Visa(ビザ)』

正確には(ヴィザァ)となります。しかし、インドネシア人は(フィサ)と発音します。(笑)

 

「いやいやそれF(エフ)ですやん!!」ってなりますよね。(笑)

僕の予想ですが、インドネシア語で「V」は(フィ)と発音するので、そこから訛ってきているのではないかと思います。

*個人差あり*

英語教育

インドネシアの英語教育はかなり盛んで、東ジャワには「英語村」という村があるぐらいです。

幼い頃からインドネシア語、地方語を話しているので、外国語に対して抵抗や違和感はないのでしょう。

 

そのため、文法がかなり適当でも、めちゃめちゃ話すインドネシア人は数多くいます。

英語が通じる場面

次にインドネシアで英語が通じる場面を紹介します。

ただ、日本訛りの英語を聞き取ってくれるかは別物です。(笑)

大型モール

ジャカルタには大型モールが数多くあり、高級ブランドも揃っています。店員さんは基本的に英語ができます。

 

しかし、中には英語が堪能ではなく、一言二言で会話が終わってしまう人もいます。

そうであっても、他の英語を話せる方を紹介してくれるでしょう。

空港

空港は当然のごとく、英語が通じます。

ただ、空港スタッフ(清掃員や作業員)の中には英語ができない人もいるかもしれませんが、他の人に繋いでくれることでしょう。

 

CAさんは言うまでもないですね(笑)

レストラン

高級レストランであれば、かなり英語が通じます。

ただ、オーダーの間違いがないように細心の注意をしましょう。

 

仮に間違っていた場合は、怒らず場を乱さないようにして下さいね。

日本語も通じる

英語も通じるのですが、バリ島では日本語も割と通じます。

日本人観光客も非常に多いため、サーフィンを教えるビーチボーイや物売の中には、日本語が堪能な方も紛れています。

 

日本語に安心して注意を怠らないようにして下さいね。

 

海外だからといってハメを外してしまうと事件に巻き込まれてしまうかもしれません。

インドネシアで働くなら現地語もマスターしましょう

英語だけでなくインドネシア語もできるとローカルスタッフとの関係も濃くなるでしょう。

社内だけでなく、取引先でもインドネシア語を話すことで受け入れてもらいやすくなります。

 

多くのメリットがあるインドネシア語を勉強しましょう!

結局、英語が大事

最近人気の『スタディサプリ ENGLISH』です。

ここまで紹介してきましたが、インドネシアに観光・働くためには、英語は絶対に必要です。

 

このスタディサプリであれば、学生時代に勉強した英語の基礎的な文法を動画で楽しく復習できます。

 

周りの人から、「海外で働いているの!カッコいい!!」「英語使って仕事!!凄すぎる」と言われることもできますし。(笑)

社会人こそ、英語学習をして欲しいなと思いますね。

海外出張、海外駐在を控えている方へ

インドネシアに駐在しておられる方に共通することは、日本での確かな実績があり、語学力が高いということです。

多くの企業では、駐在員を選ぶ基準は言語力ではありません。日本での実績です。しかし、駐在員の多くが、語学に堪能であり、本当に優秀な人ばかりです。

 

日本での実績+語学ができるということは、インドネシアでの駐在でも実績を出し、将来の出世コースに乗ることができます。

また、上司からめちゃめちゃ褒めてもらえることでしょう。

 

もしも、言語(英語)ができなかった場合、現地スタッフとのコミュニケーションが上手く取れず、思うように成果が出ない可能性も高くなってきます。

 

正直、英語ができるだけで自分の幅がグッと広がりますし、年収も上がります。また出世できる道が生まれてきます。

これほど明確で、将来的に有効な自身への投資はありません。

 

駐在が始まってから語学の勉強スタートでは少し遅いかもしれません。

今から集中的に英語を勉強したり、オンライン英会話を始めるだけで、将来の成果が変わってきます。

 

僕もオンライン英会話を愛用しています。

僕はTOEIC750点あるのですが、まったく上手に英語を話せません。でも、オンライン英会話で少しずつ英語を話す習慣を身につけ、自信も出てきました。

「英語ができる」と「英語を話せる」はまったくの別物なので、ここを勘違いしないようにしてくださいね!

 

こちらの記事では、オンライン英会話「レアジョブ」を実際に使ってみて分かった感想や申し込み方法まで細かく紹介しています。

さいごに

いかがでしたか?

インドネシアで英語は通じるのか?』について紹介しました。

 

これからインドネシアに旅行、留学、就職、駐在される方は英語だけでなく、是非ともインドネシア語を勉強なさって下さい。

現地の言葉を覚えることで、インドネシアに愛着がわき、さらに好きになることができるはずです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学で4年間インドネシアについて専攻・研究 / 月間5万PV / 100人規模のインドネシア人と日本人を繋げるイベントを2年以上運営 / アメリカ留学→インドネシア留学→フィリピン留学 / インドネシア人と婚約し、インドネシアに永住