【インドネシア旅行の費用】意外に高いインドネシアの旅費について解説!

「じゃらん旅のスポンサー」




どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、『インドネシア旅行の費用』について紹介していきます。

 

インドネシアは非常に魅力的な国で、バックパッカーから絶大な人気を誇っています。タイには負けますが。。。(笑)

また、海外ノマド(インターネットで仕事をしている人たち)の人たちからもバリ島は人気です。

 

バックパックではなく、インドネシアやバリ島に今後旅行してみたいなーって人も多いと思います。

そんな方向けにインドネシア旅行の大体の費用について紹介していきますよ。

 

それでは、早速みていきましょう!

 

インドネシア旅行

まず、インドネシア旅行ですが、正直場所によって大きく変わってきます。

インドネシの首都ジャカルタなのか、古都ジョグジャカルタなのか、はたまた観光地として人気なバリ島なのか。

 

それぞれの地域によって、遊びも観光スタイルもかなり変わってきます。

僕個人的には、ジャカルタから長距離列車に乗って、8時間かけて豊かな田園風景を眺めながらジョグジャカルタに行って欲しいですね。

 

この列車の旅が、バックパッカーの最大の楽しみでもあるそうですよ!!

ひとり旅

先ほどもバックパッカーに人気と紹介しましたので、次はひとり旅についてです。

まず、インドネシアには、8個の世界遺産があります。

 

残念ながら、気軽に行ける世界遺産は3つだけなので、長期間旅されるバックパッカーの方にはオススメします。

短期間の旅行ではなかなか難しいですね。。

 

インドネシアのひとり旅で失敗しない観光方法、世界遺産についてまとめました。興味ある方はどうぞ!

インドネシアの物価

インドネシア旅行の費用に関連してくるのですが、結論から言ってインドネシアの物価はまったく安くありません。

インドネシアの物価が安くない理由や、僕が実際に1年間住んでみて分かった毎月の生活費などなど、かなり詳しくはこちらの記事でまとめています。

インドネシア旅行の費用

気になるインドネシア旅行の費用ですが、正直多種多様のため一概には言えません。

ホテルは良いところがいいのか、食事はきちんとしたところで食べたいのか様々。ただ、ローカル水準で旅行する場合、1週間3万円程度で楽しむことも可能です!

 

少し豪華な旅をしたいという人は、1週間10万円は超えますね。

バリ島旅行の場合、もっと行くかもしれません。

 

旅行で最も気をつけたい出費はホテル代ですよね。

インドネシアのホテルは数万円〜数千円まで非常に様々です。長期滞在の方は、コスと呼ばれる民宿に泊まる事をおすすめします。

また、次で紹介している「ホテルを格安で利用する裏技」を読んでみてください!

ホテルを格安で利用する裏技

旅先のホテルは、1泊5000円でもジワジワ効いてきますよね。。

 

こちらの記事では、そんなホテル代を、最大80%節約する方法やBooking.comで毎回のお支払いから16%も節約する方法まで細かく紹介しています。

興味ある方は是非!

僕が最もおすすめするWi-Fi

僕が最もおすすめしているのはこちらの『GLOCALNET(グローカルネット)』です。

 

まずはこちらの動画をどうぞ!1分半の動画になっています。

空港で毎回SIMカードを買う必要がなく、これ一台で100ヶ国以上で使うことができます。確かに、毎回SIMカードを買うのは、時間の無駄ですし、現地のやり方が分からなければピンチです。

メリット

  • 日本を含む100ヶ国以上で電源を入れるだけで使える
  • 4G、LTEの高速通信
  • 使った分だけの請求なので安心(アジアは500MB 780円/日)
  • 5台まで接続可能
  • 送料無料!最短翌日到着

使った分だけなので、Youtubeをずっと観ると高額になってしまうデメリットもあります。

今なら事務手数料が無料

==================================
事務手数料3,000円引きクーポン
クーポンコード:AG18F287A
==================================

僕のサイトから登録された場合、3000円引きのクーポンが使用できます!!

グローカルネットの申し込みページにクーポンコードを入力するところがあるのでそちらに貼りつけてください。
事務手数料の3,000円が無料になります。

さいごに

いかがでしたか?

今回は、『インドネシア旅行の費用』について紹介しました。

 

インドネシア旅行の費用は、目的や遊び方、期間でずいぶん変わってきます。

そのため、一概に言えないのですが、豪遊しない限りは高額になることはないでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

大学で4年間インドネシアについて専攻・研究 / 月間5万PV / 100人規模のインドネシア人と日本人を繋げるイベントを2年以上運営 / アメリカ留学→インドネシア留学→フィリピン留学 / インドネシア人と婚約し、インドネシアに永住