インドネシアでタイティーを堪能?『ダム・ダム・オーセンティック・タイティー』に初挑戦




どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、ジョグジャカルタの『ダム・ダム・オーセンティック・タイティー』を紹介していこうと思います。甘〜いミルクティーのお店です。「なんで、インドネシアは甘いものばかりなんだ!」(切実。)

なんと!!

インドネシアの若者の間では、『Chatime』よりも人気になりつつあるとか!

こちらの記事も参考にしてください。

それでは、早速見て行きましょう!

タイティーとは?

紅茶とミルクのほかには、オレンジ・ブロッサムスターアニス、クラッシュしたタマリンドの種または赤と黄の食品着色料などの成分が加えられ、砂糖コンデンスミルクで甘くして飲む。強い甘さや黄色い見た目が特徴である[1]

東南アジアや、アメリカ合衆国のタイ料理レストランでは人気のドリンクである。

チャーイェン – Wikipedia

参考にこちらの記事もどうぞ!

写真

f:id:wShindonesia:20171117111842j:plain

モール内の一角にお店を出しています。

モールの隅っこを借りて出店する事が、インドネシアでは人気のようですね。

 『ローコスト!ローリスク!』だとか。笑

f:id:wShindonesia:20171117111614j:plain

種類によって異なりますが、約160円〜200円のようですね。

『Chatime』よりは、少し安い値段設定です。

f:id:wShindonesia:20171117111623j:plain

ミルクたっぷり、砂糖たっぷり。笑

f:id:wShindonesia:20171117111644j:plain

何が良いのかわからなかったので、店員さんにオススメを聞いてみた。

飲んだ瞬間、、

ごっつ甘いやんけ!!!

これはあかん。。。笑(筆者は甘いものが苦手。)

全てが甘い or 辛いのインドネシア。

最初は、甘いものにめちゃビックリします。インドネシア経験者なら誰もが通る関門ですよね?笑

まぁ〜勿体無いので、飲みましたけど、笑

この甘さ、この価格はローカル受け間違いなしだと思います。

場所

ジョグジャカルタ・リッポモール内にあります。

市街地からもアクセスが良く、いつでもいける場所にあります!!

まとめ

今回、初めてタイティーを飲みました。本場の味(タイ)はちょっとわからないのですが、 美味しいと思います。(ただ、甘い。笑)

僕は全てオススメで注文したので知らなかったのですが、砂糖、氷の量を選べるそうです!!!

先言ってくれよぉ〜。。(聞かなかった僕が悪い。)

次回からは、甘さ控えめで注文します。笑

冒頭でも少し書きましたが、僕のインドネシア人の友人たちは口を揃えて、このお店はイチオシだと言います。その時に、こんな会話を聞きました。

「ちなみに、僕はいつも砂糖マックスで頼んでるんだよ!」←友人A

「一緒やん!やっぱマックスだよな!」←友人B

「マックス以外はダメだよ」←友人A

「???????????」←

改めてインドネシア人の味覚は、不思議だと思った。

恐ろしい。。。。。笑

ちなみに、ジョグジャカルタではほとんどのモール内にはあるのだとか。(すいません。そこまでは調査できてません。)

ジャカルタにもかなりあるらしく、知名度もどんどん上がってきているようです。

あなたもインドネシアの流行に乗ってみましょう!!

よかったらこちらの記事も見てください!

インドネシア交流会について

wshindonesia.hatenablog.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

共有

面白い!タメになる!と思ってくださいましたら、ポチッとお願いします。


海外生活・情報ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

インドネシア・インドネシア語を大学で4年間学び、1年間以上現地に滞在。 インドネシアだけでなく、アメリカ、フィリピンにも留学。現在はTOEIC900点を目指し勉強中。 2018年7月からフィリピン駐在。