京都 インド・ネパール料理に人生初挑戦!その気になる味は、、




f:id:wShindonesia:20171219195238p:plain

どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、インド・ネパール料理屋『MT.EVEREST烏丸店 〜インドネパール料理レストラン〜』を紹介します。

・インド料理

フランス料理・イタリア料理・中国料理・日本料理などと並ぶ世界的な料理スタイルの1つである。特徴の1つは、様々な香辛料(スパイス)を多用する事であるが、インド亜大陸は広大であり、地域・民族・宗教・階層などによって多くのバリエーションがある。

インド料理 – Wikipedia

・ ネパール料理

www.kaze-travel.co.jp

それでは、さっそく見ていきましょう!

写真

f:id:wShindonesia:20171206131155j:plain

外観はオシャレですね。しかし、インドを推しているのか、ネパールを推しているのかよくわかりませんでした。笑

f:id:wShindonesia:20171206131205j:plain

インド・ネパールの有名なビールも飲めるようです。次回に飲んでみようと思います。

f:id:wShindonesia:20171206131214j:plain

店内はそこまで大きくはないのですが、25人程度は入れるようです。

f:id:wShindonesia:20171206131225j:plain

厨房が丸見えです。笑

f:id:wShindonesia:20171206131239j:plain

インドっぽい番組が流れていました。

f:id:wShindonesia:20171206131317j:plain

お次はコース料理です。まず前菜でキャベツの千切りです。ここは、インド・ネパールっぽくなかったです。笑

f:id:wShindonesia:20171206131327j:plain

どーーーん!!

超でかいナンの登場です。30cm以上ありました。カレーとの相性が抜群で、一気に食べてしまいました。

f:id:wShindonesia:20171206131342j:plain

ドリンクの、マンゴーラッシーです。

ラッシー は、インド料理の飲物でダヒーをベースに作られる。 濃さはどろっとしたヨーグルト状のものから、水分の多いさらっとしたものまである。特に名前の違いはなく、作る人や地方、好みによる。

ラッシー – Wikipedia

メニュー

f:id:wShindonesia:20171208093523j:plain f:id:wShindonesia:20171208093535j:plain f:id:wShindonesia:20171208093551j:plain f:id:wShindonesia:20171208093602j:plain

お店の詳細

  • 予算    1000円〜2200円(夜)
  • 営業時間  ランチ 11:00~15:00    ディナー 17:00~23:00
  • 定休日   無休
  • 電話番号  075-221-5205
静かさ: ★★★★★
オリジナル: ★★★★
オススメ: ★★★★

場所

地下鉄 四条駅から徒歩10分

阪急 烏丸駅から徒歩8分

まとめ

いかがでしたか?インド・ネパール料理を紹介しました。

日本人にはあまり馴染みのないネパール料理ですが、食べてみると非常に美味しく、日本人好みの味付けにされているため、辛すぎることもありません。京都のインド・ネパール料理巡りに行きませんか??

・僕も参考にさせていただいたページです。参考にどうぞ!

retty.me

retty.me

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

共有

応援お願いします!!(ポチッとして欲しいです。笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA