インドネシア発祥のタバコ『Garam(ガラム)』について紹介!

どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、インドネシアを代表するタバコ『Garam(ガラム)』について紹介します。

 

皆さんは、『Garam(ガラム)』ってご存知ですか?

インドネシア留学者ですら、知らない方が多いのではないでしょうか??

 

今回は、そんなインドネシア産のタバコ『ガラム』に関する記事です。

それでは、早速見ていきましょう!

 

インドネシアのタバコ事情

まず始めに、インドネシアのタバコ事情について知っておきましょう。

 

インドネシア経験者であればご存知だと思いますが、インドネシアでは喫煙所という概念が非常に弱く、外であればどこでも吸って大丈夫だと思っている人がかなり多いです。

ただ、当然のごとく空港やショッピングモール、レストランなどは禁煙となっています。

 

喫煙者だった僕が言うのもおかしな話ですが、タバコの煙って本当にクサイですよね。。衣類に着いてしまったら最悪です。。

インドネシアの場合、タバコを吸っている人があちこちにいるため、そんなことも言ってられませんが(笑)

 

シン
でも、インドネシアのタバコは本当に臭いんです!!!!!

 

頭痛くなるような臭いばかりです。(日本のタバコも超臭いんですけどね)

僕は、当時からタバコの臭いが本当に嫌いで、空港の喫煙所とかショッピングモールの喫煙所とかはホントきつかったです。

インドネシアのタバコの臭いは特にだめでしたね、、、、、

 

話を戻します。

インドネシア人にとってタバコは身近な存在であり、貴重な娯楽の一つと考えられています。そのためなのか、15歳以上のインドネシア人男性の喫煙率は70%近いのです。

 

逆に、インドネシア人女性の場合、喫煙者がほとんどいません。日本でも女性がタバコを吸うことに抵抗があるように現地でもあるようです。

僕の友人のインドネシア人が言うには、インドネシア人女性の喫煙者の90%以上はpelacur(プラチュル)やkupu-kupu malam(クプクプ・マラム)のような職業の方のようです。

意味は自分で調べて見てください。

https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/61/0000398761/10/imgf4c5554bzik1zj.jpeg

彼、2歳児だそうです。

子供に煙草? | タコ6のブログ

インドネシアでは、日本ほどタバコの規制が厳しくありません。どこでもタバコを購入できますし、年齢確認なんかまずされません。

 

イメージは、日本の昔ですね。その頃に、僕は生まれていなかったので詳しく知りませんが、公共交通機関の中でタバコが吸えたり、自動販売機で簡単にタバコが買えた時代ですね。

 

日本は今でこそ健康志向のため禁煙する人が多いですが、 昔はまったく違ったはずです。インドネシアも同じで、昔の日本と同じ状態なのです。

 

それでは、インドネシアの有名なタバコ『Garam(ガラム)』について紹介していきます。

Garam(ガラム)とは?

http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/img/tabakogoods/l-2631.jpg

ガラム (GARAM) は、インドネシアのグダン・ガラム社が製造するタバコのブランド名である。正式名称は社名と同じグダン・ガラム(GUDANG GARAM:「塩の蔵」の意)であるが、日本ではガラムと呼ぶ場合がほとんどである。

ガラム – Wikipedia

こちらが、インドネシアで有名なガラムと呼ばれるタバコです。喫煙者であれば、聞いたことがある方もいるかもしれません。

Garam(ガラム)の特徴

  • パチパチと音がする
  • フィルターが甘い
  • 臭いがキツイ
  • タールが高い

特徴はこんな感じです。

多くの日本人喫煙者は、話のネタ作りのためにインドネシアからガラムを買って来るようです。

 

ガラムは日本にはないタバコで、味だけでなくタバコ+aの楽しみ方があります。インドネシア人からは、そこが受けているのかもしれません。

 

ただ、ガラムのタールは高すぎます。(30以上)

一般的なセブンスターのタールで14がマックスです。2倍以上もタールの差があるんですよ。

http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/img/tabakogoods/l-1020.jpg

紙巻 日本たばこ セブンスター通販・販売/大阪 梅田

インドネシア人の傾向としてタールの高いタバコを好むようです。

Garam(ガラム)の良いところ

もちろん、そんなガラムにも良いところはありますよ!

それは、パチパチ音をさせながら楽しむなど??w

 

すいません。。僕が思うに、ガラムに良いところはあまりないんですよね。(日本人の場合)

インドネシア人の場合、良いところだらけだと思うのですが、常日頃タールの高いタバコを吸っていなければ、ガラムを美味しいと感じないでしょう。

ただ、インドネシア産のタバコとして、お土産で買ってきてあげるのは良いと思いますね!

Garam(ガラム)の意味

インドネシア語でGaram(ガラム)とは、塩の意味があります。しかし、ガラムを吸ってみるとフィルターが甘い。。??

この理由は、よく分かりません。

 

ガラムの製造会社であるグダン・ガラムが東ジャワで塩の倉庫を改造し、現在のガラムを作り始めたことが名前の由縁だと言われています。

そのため、社名にもガラムという言葉が付いているのです。

さいごに

いかがでしたか??

インドネシア産のタバコ『ガラム』について紹介しました。

 

インドネシア留学者✖︎喫煙者であれば、このタバコを知っている人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は知らないでしょう。

この記事を読んで、初めてガラムを知った方は是非インドネシア人の友人に聞いて見てください!思わぬ発見があるかもしれませんよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

共有



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

インドネシア・インドネシア語を大学で4年間学び、1年間以上現地に滞在。 インドネシアだけでなく、アメリカ、フィリピンにも留学。現在はTOEIC900点を目指し勉強中。 2018年7月からフィリピン駐在。