恥ずかしい思いをする前に、インドネシア語学習者は発音矯正に取り組むべき!

どうも、シン(@Jonsop1995)です。

今回は、インドネシア留学中にするべき『インドネシア語の発音矯正』について紹介します。

インドネシア語学習者の皆さん!突然ですが、あなたはインドネシア語の発音矯正していますか?
僕の勝手な予想なのですが、あまりしていないのではないでしょうか。

なぜなら、インドネシア語の発音は日本語のローマ字読みで通じてしまうからです。そのため、英語やスペイン語ほど発音を意識している人が少ないのではないかと思います。

それでは、早速見ていきましょう!

 

発音矯正の大切さ

それでは、まず発音矯正の大切さについて紹介していきます。

冒頭でも質問しましたが、インドネシア留学者(1年間)にお聞きします。「あなたはインドネシア語の発音矯正をしていますか?」また「発音矯正をしていたことがありますか?

もし今まで発音矯正をしたことがないのであれば、あなたのインドネシア語は聞き取りずらい可能性があります。

日本語の「しゅ」と「す」の違いが外国人にとって難しいようです。日本人はその発音に慣れているので簡単にできますが、外国人は違います。

それが、インドネシア語にもあるのです。

うまく理解してもらえない原因は発音かも?

外国語の発音は、自分だけでは正しいかどうか確かめることが難しいんですよね。そのため、間違った発音のまま自信満々にインドネシア語を使っている可能性があります。

僕がまさにそのパターンでした。

インドネシア留学1ヶ月目、2ヶ月目頃によくあったのですが、現地の方に僕のインドネシア語を上手く聞き取ってもらえなかったんですね。その頃の僕は、自分のインドネシア語の文法や単語が間違っているのかなっと考えてしまうわけです。

発音が悪いとは微塵も考えたことが無かったですねw

なぜなら、インドネシア語の発音は簡単だという先入観が強かったからです。

その後、インドネシア人の恋人から、発音が悪いため伝わらないのだと教えてもらい、発音矯正レッスンを始めました。

インドネシア留学者のレッスン

インドネシア留学者であれば、発音矯正し放題ですww

僕の場合、同じ大学で日本語を習っていた人(現地の日本人用の語学学校の先生)に1時間30分、10万ルピアで週2回レッスンをしていただいてました。

現地の給料からするとこの値段はかなり高額なため、先生は本気で発音矯正に取り組んでくれます。

これを高いと思うか、安いと思うかは自分次第です。ただ、1度正しい発音を身につけた場合、なかなか忘れません。なぜなら、無意識で正しい発音をできるようになるからです。

日本に住んでいるインドネシア語学習者

では、日本に住んでいるインドネシア語学習者はどう発音矯正をすれば良いでしょう。

まず、考えられるのはインドネシア語のスクールですね。

▶︎インドネシア語料金表 – マンツーマンインドネシア語教室スクール【アイザック】東京渋谷、名古屋、大阪

ただ、高すぎます。気軽に始めることができません。

僕がおすすめしているのは、こちらの会です。

僕が運営している会なのですが、インドネシア人留学生、研修生、日本で就職しているインドネシア人が集まります。その中には、インドネシア語を教えたいという子もいるので、良かったら紹介しますよ。もちろん、アルバイトという形ですが、、

さいごに

いかがでしたか?

インドネシア語の発音矯正』について紹介しました。

どの言語もそうなのですが、発音が正しくできた上での会話です。間違った発音で会話をしていても相手にストレスを与えるだけ。

気になった方はまず、インドネシア語の発音が簡単だという先入観を捨てることから始めて見てください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

共有

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

ホテル予約サイトでバリ島の格安料金を見てみる!

▶︎Hotels.com

▶︎Booking.com

▶︎Agoda.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

インドネシア・インドネシア語を大学で4年間学び、1年間以上現地に滞在。 インドネシアだけでなく、アメリカ、フィリピンにも留学。現在はTOEIC900点を目指し勉強中。 2018年7月からフィリピン駐在。